ザンビア共和国の概要

ザンビアは、アフリカ南部に位置する共和制国家で、イギリス連邦加盟国のひとつです。かつてはイギリス領北ローデシアであった内陸国であり、コンゴ民主共和国、タンザニア、マラウイ、モザンビーク、ジンバブエ、ナミビア、アンゴラ、ボツワナの8つの国に接しています。人口は1,735万人(2018年)、首都はルサカ、公用語は英語です。2018年に発表された世界平和度指数ランキングでは163か国中48位となり、アフリカでもっとも平和な国の一つとして評価されています。

ザンビアと南隣のジンバブエとの国境に流れるザンベジ川には世界三大瀑布の一つと称されるヴィクトリアの滝があり、アフリカを代表する動物、ゾウ、カバ、キリン、シマウマ、ヌーも多く住み、大自然が大変よく残されています。一方、北部のカッパーベルトには銅鉱山が多数存在し、独立以前から銅の生産を主産業とする大鉱産国でもあります。

Zambia, Mission Hospital

Zambia, Mission Hospital

Chavuma Mission Hospital

Chavuma Mission Hospital

Chavuma Mission Hospital

Chavuma Mission Hospital

Chavuma Mission Hospital とは

Chavuma Mission Hospital(チャブマ・ミッション病院)は、ザンビアの首都ルサカの西ザンベジ川を北へ向かったところ、アンゴラ国境まで約12kmという場所にあります。この辺りの道路はほとんどが柔らかい砂で、車の側面すれすれに高い草が生い茂る狭い道です。また行きかう車もなく、通っているのは牛が引く荷車だけです。

Chavuma Mission Hospital(チャブマ・ミッション病院)は、ザンビア・チャブマで医療サービスを提供する小規模な病院です。フルタイムで働いている2人の若い日本人看護師が事実上この病院を運営しています。神がアフリカのこの地域に導かれた彼女らは、地域住民の健康管理にとって重要な役割を担っています。

チャブマ・ミッション病院は非常に清潔で効率的に運営されており、一般病棟、小児科病棟、活動的な産婦人科と設備の整った手術室があります。ドクターがチャブマを巡回し、診察と手術を行います。平日、緊急事態が発生した場合、彼女らは患者をチトコロキに移送します。
2人の看護師は病棟巡回から始まる忙しい一日の間隙をぬって、内外からの訪問者への対応も行います。素晴らしいランチを用意したり、コーヒーなどでもてなします。ドクターは毎日暗くなるまで手術をし、滞在期間中十数回の手術をすることもあります。

宣教師:山森あゆみ姉妹

看護師・助産師:山森あゆみ姉妹