※回答をご覧になるには各項目をクリックしてください

これはキリスト教の悲しい・恥ずべき歴史です。もともとはカトリックもプロテスタントもありませんでした。しかし、聖書の教えからズレていく教会を見て、自分たちこそ正統な(カトリック)教会であると主張したり、カトリックに反発(プロテスタント)して、自分たちこそ正統な教会であると主張する流れの中で、カトリックやプロテスタントが生まれてきました。

東住吉キリスト集会は、ルターやカルバンの宗教改革に端を発するプロテスタント系の集会(教会)ですが、「聖書の教えに従っていきたい」ということを大切にしています。

神(創造主)が聖書を通して示された(啓示された)救いの方法が、イエス・キリストの十字架と復活だったからです。

宗教は救いの方法を人が自ら探し、作り出そうとします。しかし、神(創造主)は救いの方法を聖書を通して人間に啓示してくださったのです。その救い主がナザレのイエス・キリストであり、その方法が十字架と復活なのです。

※回答をご覧になるには各項目をクリックしてください